歯は、加齢とともに黄ばんではくるのですが、食べ物の着色による黄ばみも発生します。また、喫煙者の場合、タバコのヤニがびっしりとついてしまい、黄ばんでしまうことがあります。普通の歯磨き粉ではなかなか取ることが難しいです。

そのようなタバコのヤニや食べ物の着色による黄ばみを取ることができるのが、ホワイトニングです。ホワイトニングは歯科や審美歯科で行うことができます。薬剤によって歯に染み込んだ着色成分を分解して漂白することができます。歯に影響を与えることはありません。一度の治療である程度白くすることができますが、希望の白さにするまでは数回の治療が必要なこともあります。ホワイトニングは保険適用外なので、ある程度の費用がかかることを想定しておきましょう。

歯科治療を受けると、短期間で効果があらわれますが、費用を抑えたい場合は、市販のホワイトニング製品の利用もおすすめです。時間はかかりますが、徐々に黄ばみを取ることができます。毎日の歯磨き代わりに使用できるものは手軽で続けやすいといえます。

歯の黄ばみを取るだけで、見た目が良くなることだけでなく、いやな口臭も解消できます。予算や効果のあらわれ方を考慮して試してみてはいかがでしょうか。

プレミアムブラントゥース オーラパール 比較